HSPは恋愛が難しい?結婚できない?

HSP

最近よく聞かれるのが、HSPにとって恋愛は不利なのか?
結婚できないのでは?といった質問です。

感受性が強かったり、心配してしまうあまり、恋愛がうまくいかなかった経験をされた方は
多いかもしれません。
消耗しやすいので人と深く関わることが得意ではない人が多いのは事実です。

しかし、HSPで幸せな恋愛や結婚をしている方も沢山います
HSPだから幸せな恋愛や結婚ができないと決めてしまうのはとても勿体ないこと。
自分はHSPだ、と自覚している時点でパートナーと上手に関係を築くことは十分可能です。

素敵な恋愛がしたい、あの人と付き合いたい、彼と結婚がしたい。
その気持ちをまずは大切にして、
HSPだからこそ陥りやすいポイントを理解しておくと良いでしょう。

この記事ではHSPの恋愛傾向を踏まえつつ、
パートナーと良い関係を築くポイントについて深く掘り下げていきます。

一人の時間が大切

感受性の強いHSPなので、人と深く関わったり長時間一緒にいたりすると
消耗して疲れてしまう人が多いです。
なるべく一人の時間をとるようにしましょう。

現地集合にして移動は一人で行ったり、
デートの途中で「あっち見てくるね。10分後にまた合流しよう」など
自由行動を挟むのも有効。

片思いの時も、相手のことで頭がいっぱいになってしまう時は
スマホの電源を切って
頭の中に相手も誰も入れない、一人だけの時間を確保しましょう。
気分転換できて、よりあなた本来の魅力がのびのびと発揮できます。

相手との境界線を引く

また、相手のことを過剰に心配したり、相手の予定を全て知りたくなったりもしやすいです。
度が過ぎると相手を思い通りにコントロールしたくなることもあります。
そういうときは相手との境界線をきちんと引くようにして、冷静になってみましょう。

大切なのは、変えられることと変えられないことを知っておくこと。

過去と他人は変えられません。これは心理学の基本と言われます。
ただし、自分が変わることで相手の反応が変わることがあります。
それによってお互いに成長できる素晴らしいカップルもいます。

ですので、モヤモヤしたり悩んだりするときは
「その問題は自分にとって変えられることか?」を考えてみてください。
自分の問題と相手の問題に、しっかりと境界線を引いて
「それは私が踏み入る領域ではないな」と、相手を尊重することが大切です。

相手に合わせなくても愛されることを知る

ひといちばい相手を気遣うことができるHSPは、時にパートナーに合わせすぎてしまうこともしばしば。
相手の言う通りにしないと、相手と同意見にならないと嫌われてしまうのでは?と
心配になってしまうこともあるかと思います。

相手のリクエストに応じられなくても、相手と共感できなくても全く問題ありません。
むしろあなたが魅力的に映る瞬間です。
相手の気持ちがわかりすぎてしまうからこそ「本当に?」と思うかもしれませんが
合わせ過ぎてしまう人は思い切って自分軸で関わってみてください。

恋愛は人を喜ばせることだけでは始まらないことが多いんです。
もちろん、素直に気遣える人としての優しさは必須。
ただ、相手を喜ばせることと相手を夢中にさせることは全く違います。

相手を喜ばせることは想像の範囲に収まってしまう行為とも言えます。
しかし、相手の予想にないようなあなたらしさは、よりあなたを魅力的にします。
これは相手の想像のつかないことをしろということではなく、
自然とあなたがあなたのままいればいいということです。

▲凪のお暇はHSPさんの恋愛にいいヒントが詰まりすぎてる超良書。

伝えてみても大丈夫

やめてほしいと思ったことは、溜め込まずに伝えてみてください。
溜め込み続けると人はどうしてもそれを引きずります。
結果「察して」「わかって」といった態度になりやすいのです。
相手からするとこんなに面倒なことはありません。

相手がいるから頑張れる、生活が彩る、パートナーは本来そういう存在ですが
相手のために気遣わなきゃいけない、気を張らなきゃいけないというのは
付き合う意味や一緒にいる意味がなく、むしろマイナスなんです。

自分の機嫌は自分でとる。
これは人間関係を構築する上で基本のきです。

コツは深刻になりすぎないこと。
ムードや空気でニュアンスを伝えないこと。
表情や声音は明るく、でも言葉遣いは的確に。
「それだけは本当に悲しいから、お願いねっ」
こんな感じで軽やかに伝えてみてください。

おわりに

パートナーとは普通の人間関係と違い、とても距離が近いものです。
人のことがよくわかり、消耗しやすいHSPにとってはハンデに感じることもあるかもしれません。
でも逆にいうと自分の生きづらさをコントロールして、良いところを理解し、伸ばしていくチャンスです。
「HSPだということを含めて、自分のことが大切、大好き」と思えたら無敵。
相手との関係に悩んだら、今回挙げたポイントを振り返ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました