感情コントロールと密接に関係する脳の領域

メンタルトレーニングの基礎を学ぶ

メンタルトレーニングのメインテーマは感情をコントロールできる脳を育てること、という所まで言及しました。

メンタル大学
1970.01.01
メンタル大学
http://mental-daigaku.com/2020/04/02/メンタルトレーニングとは具体的にどこを鍛える/
メンタルは自分で鍛えられる!

具体的に、脳で感情のコントロールを担うのは脳の前部に位置する前頭葉にあります。
前頭葉のうち前頭前野という部分が感情コントロールを担います。
感情コントロールのうち、考える、判断する、アイデアを出す、記憶するなど、
人間において理性や知性を司る領域になります。

ですから、
感情をコントロールするには、前頭葉の発達・活性化がポイント。

そしてもう一つ、重要なのが扁桃体です。
扁桃体は側頭葉に位置し、主に情動的な出来事に関連づけられる記憶の形成と貯蔵を担います。
人間的で知性的な役割を担う前頭葉に対して、扁桃体は脳の中でとても古い部分で動物的、本能的な要素を司ります。

ざっくり、
理性→前頭葉
感情→扁桃体

という理解でOKです。

理性と感情のバランスが取れた、つまり前頭葉と扁桃体が協力している状態が理想的な状態となります。

しかし、問題なのは扁桃体の過活動

扁桃体が強い刺激を受け続けると、前頭葉でのコントロールが効かなくなります。

すると感情的であったり、気分の浮き沈みが激しくなったりと、
メンタルが不安定、メンタルが弱いといった状態に陥ります。

また、家庭環境や遺伝的要因により扁桃体が過敏な人もいるようです。
扁桃体はトラウマの貯蔵庫でもあります。

メンタルトレーニングでは、主に扁桃体の暴走を落ち着かせて
前頭葉の活性化を促していくことで、感情をコントロールする力を育んでいくというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました